「アフィリエイト広告を利用しています」

熱海梅園の梅まつり2024:開花状況と駐車場情報について

スポンサーリンク

静岡県熱海市の名所として知られる熱海梅園で、毎年開催される「梅まつり」に関する情報を集めました。

関東地方を代表する梅の名所のひとつである熱海梅園は、水戸偕楽園、越生梅林と共に三大梅林に数えられており、特に幕開けが早い「日本一早い梅まつり」としても有名です。

2024年の梅まつり開催日程、お花見の最適な時期や状況、イベント内容について調査し、最新情報を詳しくお届けします。また、熱海が温泉や観光で栄える地であることから、アクセス時の道路情況や駐車場情報にも注意が必要です。以下に、梅まつり2024の概要をまとめましたので、ご旅行やお出かけの際の参考にしてください。

熱海梅園梅まつり2024

  • 開催期間
  • 見頃時期
  • 開花状況
  • イベント内容
  • 混雑状況
  • アクセスや駐車場情報
スポンサーリンク

熱海梅園|2024年の梅まつり開催期間

関東地方にある三大梅林の中でも特に早く梅の花が咲くことで知られる熱海梅園で、恒例の梅まつりが2024年も行われます。来場者が心待ちにしている2024年度の梅まつりは、1月6日の土曜日から3月3日の日曜日に開催するとのことです。

約2ヶ月間の長期間にわたって楽しめるこのまつりでは、熱海梅園独自の早咲きや遅咲き梅が異なるタイミングで花を咲かせ、来場者に長期間にわたる観梅の楽しさを提供します。

さらに、日程によっては演芸や大道芸の公演、甘酒の無料配布など、多彩なイベントが計画されており、お祭りのような賑わいを味わえること間違いありません。

熱海梅園の豊かな文化が体感できる梅まつり2024の概要は以下の通りです。

  • 開催日程:2024年1月6日(土)~3月3日(日)
  • 開園時間:8:30~16:00(一般入園時間。16:00以降は無料で入園可)
  • 開催場所:熱海梅園(静岡県熱海市梅園町)
  • 入園料金:一般300円(中学生以下は無料)
    • 熱海市民や湯河原町民は100円(身分証明書など提示必要)
    • 熱海市内の宿泊客も100円(宿泊証明が必要)
  • 夜間ライトアップは実施されません
  • お問い合わせ:0557-85-2222(熱海市観光協会)

続いて、この熱海梅園での梅まつりに関するさらなる詳細を、ご案内いたします。

熱海梅園|2024年梅まつりのベストシーズン

熱海の名所、熱海梅園の梅まつりは2024年、2月10日現在すでに咲き始めているようできれいな花が楽しめます。

例年の熱海梅園での梅の開花はだいたい2月初めから終わりまでとされています。早咲きの梅は満開を迎えるものの、遅咲きの梅はまだつぼみの状態の場合もありますね。

年によって気候が異なるため変動することはありますが、大体2月ごろが一般的にはお勧めの時期です。

そんな中、2024年の気象予報では暖冬とのこと。これにより、梅の開花が例年よりも早くなる可能性が示唆されています。さらに、過去の熱海梅園の開花状況について調べてみました。

見頃時期
2023年 2月6日~3月3日頃
2022年 2月11日~3月6日頃
2021年 2月10日~3月4日頃
2020年 2月4日~2月23日頃

品種による開花時期の違いにも着目してみましょう。

  • 早咲き梅:冬至、八重寒紅、玉牡丹、八重野梅など270本
    見頃時期:1月中旬~2月中旬頃

  • 中咲き梅:小梅、長束、鶯宿など102本
    見頃時期:1月下旬~3月上旬

  • 遅咲き梅:白加賀、紅千鳥、乱雪など94本
    見頃時期:2月中旬~3月上旬

これによると、1月中旬から3月上旬にかけて梅を楽しむことが可能ということが分かります。2024年の熱海梅園の詳細な見頃情報が分かり次第、こちらでお知らせしたいと考えています。

熱海梅園|梅まつり2024の開花状況

熱海にある美しい梅園の最新の花の様子を覗いてみました。2024年の1月18日時点で、園内の植物の約70%が開花しており、その中の早咲き種類はおよそ4分咲きといった状態です。まだ冬のひんやりした空気が残る中で梅の花が顔を出す様子には驚かされます。

2月10日現在、花は咲き始めたようで週末には多くの人出でにぎわっているようです。

では、いつから花々は咲き始めたのでしょうか。遡ること2023年10月18日、冬至梅などが咲き始めたという報告がありました。興味を持って、梅園の歴年の初開花日を振り返ってみることにしましょう。

熱海梅園のこれまでの初開花日は次の通りです:

  • 2023年10月18日頃
  • 2022年10月21日頃
  • 2021年10月25日頃

これを見ると、2023年がこれまでで最も早い開花を遂げたことがわかります。一年ごとに初開花日が更新されているような傾向にあるのが見て取れますね。

さらに驚くべきことに、11月の中旬頃にはもみじまつりが開催されているというのに、その影で梅が次々と花開いていたという事実。これからさらなる開花が楽しみです。

2024年の開花の軌跡を見守っていきましょう:

  • 2024年1月5日頃…早咲きと中咲きが開花開始し、総計で191本が咲き誇る
  • 2024年1月11日頃…遅咲き種も花を開き始め、全樹木289本が開花、早咲きは2分咲き程度
  • 2024年1月18日頃…7割の樹木が開花し、100本以上が5分咲き、全体では356本頃の開花

熱海梅園の梅まつりの詳細や更新される開花情報は、公式ホームページで確認できます。ぜひオンラインでの花の様子もご覧ください。

第80回熱海梅園梅まつり(2024)|イベント | 【公式】熱海の観光サイト あたみニュース
1886年(明治19年)に開園した熱海梅園は、 日本で最も早咲きの梅として有名です。毎年11月下旬~12月上旬には、第一号の梅の花が開花します。樹齢100年を越える梅の古木を含め、60品種・469本の梅が咲き誇り、早咲き→中咲き→遅咲きと、順番に開花。梅まつり期間中、梅を存分にお楽しみいただけます。期間中、園内には足湯...

熱海梅園|梅まつり2024イベント詳細

毎年賑わう熱海梅園の梅まつりですが、2024年も様々な催しが予定されています。熱海の芸妓たちによる舞や音楽の演奏会も特定の日程で開催されます。また、以下のイベントも予定しています。

大道芸パフォーマンス

日時: 期間中毎日 10:00~15:00
場所: 中央広場 見晴台

甘酒無料サービス

日時: 期間中の日曜・祝日 10:00~無くなり次第終了(先着200名分)
場所: 中央広場

梅茶無料サービス

日時: 期間中の日曜・祝日 13:00~無くなり次第終了(先着200名分)
場所: 中央広場

熱海芸妓連演芸会

日時: 2024年1月8日(月・祝日)、2月23日(金・祝日)10:30~11:00・13:30~14:00
場所: 中央広場

梅園からの大道芸披露

日時: 2024年1月14日(日)、2月10日(土)、2月24日(土)10:00~15:00(随時)

さらに、特定の日程にはこちらのイベントが企画されています。

  • 2024年1月6日(土)熱海屋台ばやし笛伶会の演奏
  • 同日、梅まつり桜まつりオープニングイベント
  • 同日、大島町キャンペーン
  • 同日、梅茶無料サービス(先着200名分)
  • 2024年1月7日(日)三ツ屋亜美ステージ
  • 2024年1月21日(日)Ciao!エフエム熱海湯河原スペシャルステージ
  • 同日、郡山市・磐梯熱海温泉キャンペーン
  • 2024年1月27日(土)御殿場市キャンペーン
  • 2024年1月28日(日)熱海菓子商工業組合謝恩デー
  • 2024年2月4日(日)剣舞のパフォーマンス(出演: 雅魅-miyabi-)
  • 2024年2月11日(日・祝)リンダ・コラソン&稲葉やすひろステージ
  • 2024年2月12日(月・振休)オレンチェステージ
  • 2024年2月18日(日)熱海温泉ホテル旅館協同組合謝恩デー
  • 2024年3月3日(日)ウクレレ演奏で歌う中山晋平の楽曲

過去に比べてイベントの数は減っている模様ですが、それでも予定されているイベントが楽しみでワクワクしますね。お祭りのような雰囲気を存分に楽しむことができそうです♪

熱海梅園|梅まつり2024の見どころ

皆様に熱海梅園で開催される梅まつりの魅力についてお伝えします。

紅白の競演!60品種469本の梅

熱海梅園の見頃の特長は、さまざまに咲き分けされた早咲き、中咲き、遅咲きの梅が目白押しであること。梅祭りの期間中は、紅と白の梅花が園内に満開となります。

園の入り口には、石碑を背にして紅白の梅が皆様の到着を歓迎しています。

園内には、多種多様な60品種にも及ぶ469本の梅の木が競って花を咲かせています。

その中でも早咲きの梅は270本が植えられ、中咲き種は102本、遅咲き種は94本となっており、

(不明な梅の木が3本存在します)

このように長期にわたって変化する梅の花を楽しむことができるのが、この梅園の大きな魅力です。

絶景を味わう香浮橋

熱海梅園を代表する風景の一つに数えられる香浮橋周辺は、見事な梅の花々に囲まれています。この地は、あたかも春の息吹を感じさせる多彩な色合いの梅花が満開になる場所としても知られ、多くの訪問者を魅了します。白や紅、そしてピンクの梅がゆらぐさまは、熱海の景観の中でも特に印象的です。

熱海梅園を流れる初川沿いには、五つの美しい橋が架けられており、訪れる人々に各々異なる景観を楽しむ機会を提供しています。これらは「梅園五橋」と総称され、次のように名付けられています。

梅園五橋
漸佳橋(ざんかばし)
迎月橋(げいげつばし)
雙眉橋(そうびばし)
駐杖橋(ちゅうじょうばし)
香浮橋(こうふばし)

これらの橋の中でも香浮橋は最も奥に位置し、橋と梅の美しさが調和する景色は、訪れる人々の心に春の到来を告げる絵画のような美しさを映し出します。さらに、その風景は写真映えも抜群で、SNSでの投稿にもぴったりです。春の訪れを肌で感じたいなら、香浮橋がおすすめです。

見逃せない絶景!梅見の滝

梅園の深い場所に隠れるように存在する「梅見の滝」は、13メートルの高さと28.5メートルの幅を持つ壮大な人造の滝です。滝の豪快な流れを、正面に広がる梅の花を通して望むことができるのが特徴です。更にもう一つの魅力は、滝の裏に設けられた歩道を通り抜けられることで、梅の花を背景にした滝の景色を内側から楽しむことができます。

外側からとはまた異なる風情ある梅の景色が広がり、訪れる人を魅了します。ご安心ください、服が濡れることはない設計にはなっていますが、歩道は水しぶき等で滑りやすくなっている箇所もあるため、歩く際には慎重さが求められます。

中山晋平記念館と韓国庭園について

熱海梅園の敷地内には、著名な作曲家・中山晋平氏の旧居を再現した「中山晋平記念館」が存在します。日本人なら誰もが一度は耳にしたことのある「シャボン玉」「テルテル坊主」などの楽曲を手掛けた中山氏の功績をたどることができる場所です。

この二階建ての木造建築物の中には、中山氏が実際に使っていたピアノや楽譜、そして当時のレコードなど、貴重な展示物が多く保存されています。梅まつりが行われている時期は、日々休むことなく午後4時まで公開されています。

隣接する韓国庭園は、およそ400年前の朝鮮時代の伝統的な邸宅と庭園の美しさを再現した空間です。この庭園は2000年の9月に行われた日韓首脳会談が熱海で開催されたことを記念して作られ、当時の森喜朗総理大臣と金大中大統領が訪れた場所です。

熱海梅園は、韓国の伝統的な庭園や邸宅を日本で鑑賞できる数少ない場所の一つとされ、古き良き朝鮮の時代を感じさせる貴重な文化体験ができます。

さらには、庭園の上部には「足湯」も併設されており、観光客はここでゆっくりとくつろぐことができます。梅まつりの期間、午前10時から午後4時まで無料で開放されているので、是非この機会に足を運んでみてください。

熱海梅園|同時に開催される梅と桜の祭り

熱海市で驚くべきことに、梅まつりとほぼ同じ時期に、「あたみ桜糸川桜まつり」も催されます。一足早く春の気配を届ける日本一早咲きの「あたみ桜」が、年の初めに開花を迎えるのが特徴です。以下で、この桜まつりに関する情報をお伝えします。

あたみ桜糸川桜まつり2024の概要

  • 開催期間:2024年1月6日(土)~2月4日(日)
  • 会場:糸川遊歩道
  • ライトアップ:毎日 16:30~23:00
  • イベント:週末及び祝日には食べ物のブースや無料の桜茶、エンターテイメントが楽しめる
  • 公式サイト:熱海市観光協会(詳細情報はこちらを参照)

素晴らしいことに、熱海梅園での梅まつりと糸川での桜まつりは約1ヶ月間にわたり並行して開催されます。2023年のケースでは、桜まつり終了日の2月5日には、あたみ桜が満開になるといった好情報もありました。こうした開花状態により、ライトアップが2月19日まで延長された年もあるそうです。イベント期間の融通も利いて安心ですね。

2024年の最新開花情報

2024年1月16日時点で、あたみ桜は半開程度ですが、2分咲き~3分咲きと見られています。中には満開に近づいた木もあり、見応え十分です。昨年、この桜は12月19日ごろに開花を始めたそうです。梅と桜の両方を楽しめる点は、本当に魅力的です。

もし熱海梅園から糸川桜まつりのメイン会場であるドラゴン橋へ歩いて向かうと、約20分ほどで到着できます。また、車で来場される際は熱海市内に駐車して、少し足を伸ばして市内散策を楽しむのも一つの選択肢です。

華やかなイベントが目白押しの熱海ですが、気になるのはやはり混雑状況ですよね。次に熱海梅園の混み具合についてもいくつか情報をお伝えしたいと思います。

熱海梅園|梅まつりの混雑状況

熱海梅園で開催される梅まつりの期間には人々が集まりますが、広々とした園内は人混みを感じさせるような状態ではありません。44,000平方メートルの園内はゆったりと観梅を楽しむのに適しています。ただし、注意が必要なのは駐車場や周辺道路の混雑状況です。

熱海はもともと人気の温泉地であり、1月から2月にかけては糸川桜まつりも同時開催されます。そのため普段から交通量が多いのですが、特にイベントがある週末は混雑の程度が一段と増します。梅園の駐車場は100台分のスペースしかないため、週末はあっという間に満車になることがあります。

SNSでは2023年の週末、駐車場は満車で道路が渋滞しているとの報告が多数上がりました。2024年も同様の混雑が予想されるため、来園される際はご注意ください。駐車場情報については後程さらに詳しくお伝えします。

熱海梅園|梅まつり2024のアクセス方法

熱海梅園

所在地:静岡県熱海市梅園町8-11

電車でのアクセス

  • JR線「熱海駅」からバスで約15分(「梅園・相の原方面行き」)「梅園」バス停下車後、徒歩2分
  • JR線「熱海駅」よりタクシーで約10分
  • JR伊東線「来宮駅」(きのみやえき)から徒歩約10分

来宮駅から熱海梅園へ

ふもとの駅からは案内看板に従って歩いて向かう事ができます。

所要時間は約10分ですが、坂道を上るため多少体力を要するかもしれません。

車でのアクセス

  • 西湘バイパス「石橋」ICからは車で約40分
  • 東名道「沼津」ICから伊豆縦貫道を「大場・函南」ICへ向かい、県道11号を経由して約45分

熱海梅園|梅祭り2024の駐車場情報

2024年梅のシーズンに熱海梅園を訪れる際、駐車場について重要な情報を提供いたします。

まず、熱海梅園のすぐ前に位置する駐車場についてです。この駐車場は熱海市観光協会により管理されております。

  • 期間:2024年1月1日から3月3日
  • 時間:午前8時30分から午後4時30分
  • 料金:普通車1回600円
  • 定員:およそ100台
  • 熱海梅園までの距離:徒歩約2分です。

それ以外にも熱海梅園付近には、徒歩15分以上かかる場所に複数の駐車場がございます。以下にいくつかの例を挙げて紹介いたします。

タイムズ熱海市営来の宮

  • 住所:静岡県熱海市福道町6
  • 梅園までの距離:約700m、歩いておよそ10分
  • 収容台数:58台
  • 営業時間:24時間営業
  • 料金体系:0:00から24:00まで30分ごとに110円、最大料金は16時間で1760円

タイムズ熱海来宮神社第3

  • 住所:静岡県熱海市西山町2
  • 梅園までの距離:約1km、徒歩約16分
  • 収容台数:25台
  • 営業時間:24時間営業
  • 料金体系:9:00から17:00は90分300円、17:00から9:00は60分200円

熱海市営 初川駐車場

  • 住所:静岡県熱海市中央町19-19
  • 梅園への距離:約1.2km、徒歩約19分
  • 収容台数:38台
  • 営業時間:24時間営業
  • 料金:30分100円、最大料金は8~16時間で1600円となります。

来宮駅周辺から熱海湾にかけても、有料の駐車場が数多く見受けられます。

梅を見に行く際、道路渋滞が予想されることもあります。離れた駐車場に車を停め、歩きながらのんびり梅園まで向かうというのも、楽しみ方の一つと言えるでしょう。

熱海梅園|梅まつり2024のガイドライン

2024年に静岡県熱海市で開催される梅まつりについての情報をお届けします。

熱海梅園梅まつり2024の詳細は以下の通りです。

  • 開催期間:2024年1月6日(土)から3月3日(日)まで
  • 梅の花のベストシーズン:通常は2月の初旬から終旬
  • 開花情報:2024年1月20日時点で、初咲きの梅はおよそ50%の開花。全体的には70%ほどが花を咲かせています。
  • イベント内容:ストリートパフォーマンス、無料で楽しめる梅茶や甘酒、色々な催物があります
  • 混雑具合:梅園内は比較的スムーズに歩けますが、週末は周辺の道路の交通量が増えます
  • アクセスおよび駐車場情報:最寄りの駅はJR線「来宮」駅。駐車スペースは約100台分あります。

様々な種類の梅が楽しめる熱海梅園では、長期間にわたり観梅を満喫できます。園内に足を踏み入れると、見事な紅白の梅が出迎えてくれます。まるで春が先取りできるような感覚になるでしょう。

さらに1月から2月にかけては、熱海桜の名所である糸川の桜まつりも開催され、熱海市は見所であふれています。熱海梅園まで足を運んで、素敵な梅の景色をぜひお楽しみください。

お出かけ前には、公式ホームページで最新の情報をご確認ください。

公式ホームページはこちら

コメント

タイトルとURLをコピーしました