「アフィリエイト広告を利用しています」

フクロウとミミズクの違いと説明

スポンサーリンク

フクロウ科に属するフクロウとミミズクは生物学上では同一分類内にある鳥です。通常、羽毛でできた突起を持つ種は「ミミズク」と総称され、それを含まない種は「フクロウ」と呼ばれます。

この羽角とも呼ばれる特徴は、鳥の頭部の両側に見られる束になった羽毛で、耳の形をしていることからその名が付いています。

言い換えると、耳に見える羽角の存在が「ミミズク」を、羽角のない状態が「フクロウ」を示します。

一般的には羽角の有無によって両者を識別できますが、例外も存在します。

例えば、「ワシミミズク」や「コノハズク」など、名前に「ズク」が入るものはミミズクとされますが、「アオバズク」は例外的に羽角がありません。

また、「シマフクロウ」は名前に「フクロウ」とあるにも関わらず、羽角を持っています。

英語では、フクロウは “owl”、ミミズクは “horned owl” や “eared owl” などと呼ばれることがあります。

それぞれ固有の英名を持つ種があり、”Short-eared Owl”(コミミズク)のように直接的にミミズクを示す場合や、”Eurasian Eagle Owl”(ワシミミズク)のように示さない名前を持つ例も見受けられます。

コメント

タイトルとURLをコピーしました